ウォーターサーバーイメージ

停電でも安心して使えるウォーターサーバー

我が家は、比較的お水の美味しい地域にお家があるので、今まで水道水をそのまま飲んでいました。
しかし、あるきっかけにより、ウォーターサーバーを導入しました。
それは、東日本大震災です。
幸いにも、我が家付近は直接的な被害を受けませんでしたが、翌日から近所のスーパー、そして店舗からレトルト食品や紙製品がなくなりました。
両親の住む実家は都内にあり、こちらも直接的な被害は無かったものの歩いていける店舗には、食料品や水が一切なくなり、またミネラルウォーターを買っていたため、水さえ飲めない状況に追い込まれてしまったのです。
そこで、ウォーターサーバーを導入することにしました。
両親は、水が手に入らなく困っていたところ、友人がお水を分けてくれることになったのです。
その友人宅には、ウォーターサーバーが何本もあり、当分の間困らないと言うことで分けていただいたのですが、いざと言う時に非常に頼りになる存在であることがよくわかったのです。
以来、実家ではポットもやめてしまい、全てウォーターサーバーからお湯も含めて出しています。
お料理の時に、冷たいお水が欲しい時にもとても便利で、母が使っている様子を見て、私も早速導入することになりました。
調べてみると契約内容も様々でした。
あらかじめ、毎月配達される数が決っている会社もあれば、欲しい時だけ電話をして持って来てくれる会社もありました。
私の家は、子供も含めてお水をよく利用するので、毎月持って来てもらうプランを選択しました。
その月に飲みきらなくても、そのまま使い続け、無くなったら自分でセットすれば良いので無駄なことはありません。
空になったボトルは、次回に回収してくれるので、ゴミの心配もありません。
普段は、電源につなげていますが、電源が必要なのはお湯の時だけで、お水を飲みたい時は電源は必要ではありません。
そのため、停電になっても安心してお水を使うことができるのです。
これまで、水道水を使用していましたが、今ではすっかりウォーターサーバー派になってしまい、お料理や、子供の水筒と大活躍し、サーバー無しでは生活できなくなりそうです。
主人も毎朝コップ一杯の水を飲み、健康維持に努めています。

Copyright(C) 2010 安心な水.com All Rights Reserved.